水の流れ

 こんばんは、HITOIKIです。やっと、夏休みが取れそうです。65歳を記念して、早朝の稜線の風を感じたいと、どこに行くか、悩んでいます。ところで、だいぶ前になりますが、ブログで山行はフィジカルやメンタルかを話題にしたことがあります。その時は、メンタル重視の意見でしたが、年を重ねると、ガス欠気味の身体にとって、先立つものはフィジカルだと…

続きを読むread more

山旅

 こんばんは、HITOIKIです。自宅から徒歩で蔵王山頂まで登ってから、ただ登るだけではなくて、それに、温泉と食事(酒)をセットにして山行を楽しみたいと強く思うようになった。そうすることで、自分の今の年齢にあった、それでいて独自性のある、自由な山行が創作できると思うからだ。それで、昨日は自宅から歩いて、宝沢から古道を登ってドッコ沼で一休…

続きを読むread more

運命の宮殿

 こんばんは、HITOIKIです。彼岸を迎えるころ、あの暑さはどこへ行ったやら。今日から毛糸のカーディガンの出番です。 今日で、ライプニッツの弁神論は最終節を迎えました。結局のところ、本性は変わらず、悪であっても、その人の出来事に、自由気ままに生きるのみです。そうすれば、語るべき世界が、その人の名を持って生まれるわけです。 では、本文を…

続きを読むread more

楽しい山行

 こんばんは、HITOIKIです。3連休は山行、読書、孫と楽しいこと尽くめだったが、その中で、一つを紹介しよう。日曜美術館「第69回日本伝統工芸展 わたしが工芸に向かう理由」を見た。確か、輪島の蒔絵師の話だった。数々の賞に輝くその人は、「楽しいことをやることだ」、といったことを語っていた。散歩の時に目にした花を蒔絵にする。その作品が素晴…

続きを読むread more

つぶやき アーカイブ「存在」

 娘が住む近くに古書店があるというので、少し前に、家族みんなで行ってみた。娘は、開高健全集を見つけれ喜んだ。私の方は、ライプニッツの解説書がないかと探す。それ程多くはなかったが、ミッシェル・セールの初期の解説書を見つけた。さっと、読んでみたが、数学の素養がないと理解し難かった。それでも、ミッシェル・セールという現代思想者に出会えたのは古…

続きを読むread more

数年ぶりのサラメシ外食

 こんばんは、HITOIKIです。昨日の昼食は数年ぶりのサラメシ外食でした。というのも、コロナ禍となって、お昼は近くの蕎麦屋というのをやめていたから。久しぶりの昼時の蕎麦屋では結構お客で賑わっていた。950円とちょっと高めだったが、ワンタンメンは格別だった。 ライプニッツの弁神論も余すところ、数十ページとなった。今日は、観念的世界につい…

続きを読むread more

青色と黄色

 こんばんは、HITOIKIです。コロナの第7波も収まってきて、ひと安心です。時間に余裕ができたら、ゆっくりと休みたいところです。今日は、蒸し蒸ししていましたが、今は虫の音に癒されています。 では、読書に入りましょう。今日から弁神論の身体と魂(精神)の関係についてです。デカルトとの違いも明確となってきます。簡単に言えば、図形と力との違い…

続きを読むread more

月光に浮かぶ雲海

 こんばんは、HITOIKIです。山行の楽しみ、特に、山泊する場合には、満天の夜空に瞬く、星空を愛でることでしょう。何度も山泊している自分ですが、感動的な夜空は帰りが遅くなった日帰り山行で、車に戻る道のりでの体験だけです。あとは、雲に邪魔されるか、月明かりが勝ってしまっています。  中秋の名月を山頂でと、早めに眠ったが、夕暮れからのガス…

続きを読むread more

ハクビシン横切る

 こんばんは、HITOIKIです。今日は、秋雨の中の散歩。お目当てのコーヒー豆は手に入らず、ズボンの裾の雨を気にしながら、繁華街の裏通りを歩くと、猫より大きめの茶色の獣が道を横切って、ブロック塀の中に隠れた。尻尾が長めなのと、顔に白い縞があることからハクビシンだろう。どうも、薄気味悪い。 では、読書に入ろう。積荷の多い船の話。積荷が重け…

続きを読むread more

強いること

 こんばんは、HITOIKIです。今日は、日差しはないが、蒸し蒸しして、気温はそれほどでもなかったが、冷房が停まった分、不快だった。汗ばんで、早く風呂に入りたい。 今日の散歩はもみじ公園。8月末より、もみじはまた色づきを増したようだ。写真を撮って、くらべたが、曇り空だと、その色づきが微妙に見えた。 では、今日の読者に入ろう。今日は「人を…

続きを読むread more

自発性

 こんばんは、HITOIKIです。真夏に逆戻りの1日でした。昼の散歩は日差しを避けて、霞城公園を一周した。台風のためか、風が強く、帽子が吹き飛ばされそうだったが、カラッとしていて、爽快だった。 少し前の山行ではリスとの出会いの前に、カモシカにも会った。今年3回目だが、カモシカの行動範囲はどのくらいだろうか。3匹とも同じように見えた。 で…

続きを読むread more

初秋の宵

 こんばんは、HITOIKIです。9月になりました。早いものです。 初秋の宵、虫の音を聞きながら、夏を惜しむ。反省材料は多いが、楽し、嬉しかったかったことも一つではない。やっと涼しくなった夜長、大切に使いたいものだ。 この週末は孫が金曜から月曜の朝まで家に来て賑やかだった。人見知りが強く、環境に慣れた頃にはお別れとなった。でも、孫と山形…

続きを読むread more

最善の体系

 こんばんは、HITOIKIです。8月を締めくくるような、暑い日でした。でも、昼の散歩の定番である、紅葉公園のもみじはその木の先の方は色づき始めていました。青空を中、季節の変わりゆくさまに、しばし、立ち止まっていました。明日からは9月、世の中も、大きく変わる気配です。 では、読書に移ります。今日は、最善の体系についてです。この世には、善…

続きを読むread more

必然について

 こんばんは、HITOIKIです。みなさん、バテてませんか。僕は昨日の癒し山行で元気いっぱいです。疲れずに、適度に身体を使う事ですね。それで、夕暮れになって、藪漕ぎしましたが、山行に変化が付いて、筋肉痛も良い具合です。 それでは、今日の読書は必然についてです。弁神論の第一部第37節に戻りますが、「明日私が物を書くだろう」という有名な例え…

続きを読むread more

夏を送る

 こんばんは、HITOKIです。8月最後の週末でした。夏バテ気味で、動くのも億劫でしたが、ゆっくり眠ったあと、一仕事したあと、ゆっくりと林道を登って来ました。沼を望む、木陰で、飯盒飯を炊いてカレーとコーヒーを頂き、ボーッと水面に雨粒が刻む紋様を見ていると、視界の脇に動くものに気づく。可愛い栗鼠でした。まあ、本当、癒されました。 では、読…

続きを読むread more

熊野岳まで

 こんばんは、HITOIKIです。登山をするようになって15年となります。その前は、犬の散歩が趣味でした。元々、歩くのは好きな方で、小さい頃もあてもなく、近くを歩いたり、昆虫採集をしていた記憶があります。そんな登山も最初のうちは、いろいろな山に登りたいと思っていましたが、最近は好きな山を散歩感覚で歩くのが自分に合っているようです。 そこ…

続きを読むread more

置かれたところで咲く

 こんばんは、HITOIKIです。ライプニッツの弁神論を読み続けていますが、だんだんと面白くなってきました。このところの世界情勢のなかで、今こそ読まれるべき名著ですね。ライプニッツの哲学は弁神論を読まなければ理解できないだろうと自分では思っています。 ところで、コロナがまた拡大して来ていますね。このままでは、社会活動が持たなくなってきま…

続きを読むread more

急に涼しくなりました

 こんばんは、HITOIKIです。あの危険な暑さが嘘のような涼しい夕べです。先日の猛暑の中での山行で、欠かせなかった、もう一つの道具が日傘でした。途中に夕立にも見舞われて、とても重宝しました。それでも、真夏の日差しは林を通しても堪え、扇子でもあればと後悔。次回はついに、自宅から蔵王山まで徒歩旅行だ。 それでは、今日の読書は中間について。…

続きを読むread more

長峰コース、コースガイド

 こんばんは、HITOIKIです。今日はお盆ですね。家族団欒を楽しんでいます。昨日あたりから幾分暑さも和らいだように感じます。今日は長峰コース、コースガイドについてです。 長峰コースは蔵王の宝沢から同志平までの古道を言う。瀧山の前滝コースの途中で宝沢までの標識がある。この宝沢から同志平までのコースで、三百坊から羽竜沼までの道は一部放牧場…

続きを読むread more

盛夏の過ごし方

 こんばんは、HITOIKIです。今日は山行だけです。 盛夏の過ごし方について話してみよう。最近の4回の山行で毎回20キロくらい歩いている。最初の1回を除いて、熱中症アラートが出ている間なので、達成感は半端でない。もちろん、熱中症対策は万全を期している。まずは水は十二分に確保する。自然界の水を濾過して飲む他、自販機のある道へ迂回しながら…

続きを読むread more

なぜ悪は存在するのか?

 こんばんは、HITOIKIです。まさに、恵みの雨。今のところ山形では。遠雷が聞こえる。盛夏らしいのだが。まずはこの写真から  苔むした急坂と梯子を登り終えた。未踏のコースだが、それ程の感慨も無かった。鞍部に躍り出ると、思わぬ方が小屋前で愛犬と戯れていた。談笑してから、小屋に入るが、避難としても泊まりたくはない程の不潔さだった。か…

続きを読むread more

白花が天の川のようだ

 HITOIKIです。前回の山行の印象について書いてみます。 石畳から木道にかわる、坂道の緩くなったところは、まだ雪が残っていて、先行の下山者は足元がおぼつかなく、渋滞してきた。その時ちょうど電話が鳴って、ブレイクが入る。また、歩き出そうと、前方に向くと急にガスは流れて、視界が開けた。 それから、分岐を過ぎると、下山者はいなくなり、私の…

続きを読むread more

山行は美となるだろうか

 こんばんは、HITOIKIです。以前読んだ、新聞記事に山行記録をパフォーマンスとしての展覧会の題目にする、と言ったようなことが書いてあった。一切、お金は持たず、移動は前もって買った交通手段の切符を利用するか、徒歩。食事は当初は白米だけベースキャンプに備蓄する案があったが、それは否定され、持参するか現場で調達することとなった。狩猟時代の…

続きを読むread more

妄想泊

 こんばんは、HITOIKIです。週末を迎え、テント泊準備中です。この週末に泊まるかはわかりません。妄想としては、沢があり、水場があり、いざという時は避難小屋も近くにある、鞍部あたりに泊まってみたい。まずは、下見か。楽しみは、伸ばせば伸ばすほど、有り難みは増しますから。では、今日の読書に移りましょう。昨日は輪廻転生の話をしましたが、ライ…

続きを読むread more

キンコウカ咲きて、イロハ沼で、腰を下ろす

 こんばんは、HITOIKIです。この所、ライプニッツを読み耽っているが、東洋思想に馴染んだ、私たちには全てに神性が宿っているというスピノザの方が受け入れやすいように思う。ライプニッツは魂の不滅はいいとして、輪廻転生を完全否定していて、日本人としては、抵抗がある。でも、ライプニッツは実在について、そして、宇宙について、とことん考えて、一…

続きを読むread more